【韓国原作】ある日、お姫様になってしまった件について 111話ネタバレと感想。『終わらせよう。魔法使い。』

ある日、お姫様になってしまった件について

今回はSpoon/Plutus先生の「ある日、お姫様になってしまった件について111話を読んだのでご紹介したいと思います。

この記事は高確率でネタバレを含みます。
先読みされたくない方はご注意くださいませ。

過去話を読みたい方へ管理人お勧めの最新漫画を読めるサービスU-NEXTです。
U-NEXT無料登録でもらえる【600ポイント】であらゆる漫画の最新巻が読めるんです。

無料登録終了後も、最新の漫画2冊も毎月タダ読めるなんて・・!

それだけでもスゴいのに、無料登録後は映画も無料で観れる!

管理人halu
管理人halu

漫画も見放題映画(20万本以上)も観れる!
太っ腹!さすがU-NEXT

休日に至福の漫画・映画三昧が送れます…(あぁ幸せ…)

↓↓↓

ある日、お姫様になってしまった件について
過去作をU-NEXT無料登録ポイントで読む

管理人halu
管理人halu

 9/3に待望の5巻発売しました!
本をお手元に置いておきたい方はこちらをどぞ!

ある日、お姫様になってしまった件について 111話 あらすじ

…の前の管理人のつぶやき

前話110話のネタバレはこちら!

↓↓↓

【韓国原作】ある日、お姫様になってしまった件について 110話ネタバレと感想。あの日、兄があの場所で亡くなった理由について
今回はSpoon/Plutus先生の「ある日、お姫様になってしまった件について」110話を読んだのでご紹介したいと思います。 この記事は高確率でネタバレを...

↓↓↓

ある日、お姫様になってしまった件について
過去作をU-NEXT無料登録ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介♪

ある日、お姫様になってしまった件について 111話 ネタバレ

しばらくルーカスの(軽薄な)謝罪を聞いていたアナスタシウスが重たい口をついに開きます。
『何年経っても…、
お前のその傲慢さは変わらないようだな…。』
管理人halu
管理人halu

ヒィィィ・・!!ルーカスの心のこもってないごめんなさいがアナスタシウス(アエテルニタス)のボルテージを上げてしまった・・!!

ルーカスもそのアナスタシウス(アエテルニタス)を正面に見据えて続けます。

『お前こそいつまで悪霊のような存在でいるつもりだ?

そしてその体はこのままでは死んでしまう。
長くは続かないことはよくわかっているだろうに。』

そのルーカスの言葉に、横で聞いていて思わず固まるジェニット。

管理人halu
管理人halu

おい…ジェニットの前でそんなこと・・。(てゆかアナスタ兄さんの身体マジでもう限界なの・・?嫌すぎるよ・・。

『だから、これからの行動を誓ってくれれば、解放してやらなくもない。

それか、聖なる世界樹を探しにでも行って、浄化(成仏)されるといい。』

管理人halu
管理人halu

それぞれの自分の言葉に“まぁ解放は冗談だけど”とか、“それ(浄化)が実際に可能かどうかは知らねぇけど”とか心の中で自分に捕捉入れてるルーカスに笑う。そしてそれを知らないアタナシアは”わぁ…それでもルーカスは何かを説得しようとしているようにも見えるわ…!”ってちょっと驚いてる。笑

『そしてまあ、またどこかで会うことがあれば…。

私の弟子にしてあげよう。

そう言って朗らかな微笑みを浮かべてアナスタシウス(アエテルニタス)に手を差し伸べるルーカス。

管理人halu
管理人halu

いやいやいや…上から目線変わらんしその笑顔はなんなんだよ…。笑

その言葉が胸に刺さったのか、アナスタシウス(アエテルニタス)はアエテルニタスとして幼少の頃、ルーカスに憧れていた自身を思い出します。
管理人halu
管理人halu

えええええええ笑
これ、刺さっちゃうの・・・??笑

『確かに、当時のお前を見たときには弱々しい印象こそ受けたが、悪人だとは思わなかった。

だからこそ、
お前がこのような行動をとるのは、お前が望んでいることではないのだろう?』

ルーカスがここまで一方的に話し続けていましたが、ここでアエテルニタスも口を開きます。

『せっかくここまで来たのに、あなたはまたそんなことを言うのか…?
あなたにあのように言われたあの日以来…、俺の人生に終わりのない地獄が始まった…。』

管理人halu
管理人halu

えええ・・なんかアエテルニタスも懐柔されそうになってるし、そんなアエテルニタスを見て一同”シーン・・”としてる・・。笑

『・・・。』

俺がちょっとしたことを言っただけで、コイツはこんなにも長く恨んでいたのか…?
コイツはどれほど俺に執着していたのだろうか…?
俺が言ったことは、そんなに厳しいことだったのだろうか…?
管理人halu
管理人halu

マジで全く覚えていないルーカスに笑う。

『(彼に通じているように見えるわ…!その調子よ…!)』

アタナシアは小声でルーカスに伝えます。

管理人halu
管理人halu

笑う。
ルーカスも呆れて”あぁ、そうかい…”って言ってる。笑

『その腐った肉の中で苦しむのはやめて、こっちへ来い。

管理人halu
管理人halu

言い方よ・・。
まぁ壊れそうな、肉体って意味に捉えておくけど・・

助けてやるから。』

すると・・

アナスタシウスの身体から黒い霧のようなモヤが抜け出て”ゆらり”とルーカスの方へ移動していきます。

管理人halu
管理人halu

出・・・た・・・!!!
(ここでもルーカスは心の中で“なんで、コイツをなだめるためにここまでしなければならねぇんだよ?”って言ってる。笑

つ、ついにやったわ・・・!
アエテルニタスを彼(アナスタシウス)から追い出した!

アタナシアも思わず驚き喜びます。

『・・とりあえず、封印するか…。』

管理人halu
管理人halu

封印・・そんな簡単にできるんかい。笑

__

__

そうルーカスが呟いた瞬間__

 

バアアアアアアアアアッッッッ‼︎‼︎

 

黒い霧のモヤが眩い紫の光を纏って爆発しました。

 

管理人halu
管理人halu

え・・・?は・・?

思わずクロードはアタナシアを自身の腕の中へ抱え込みます。

 

そして__

 

『あぁ!!クソっ!!!この野郎が…!!』

 

目の前で終わらない連続した爆発を前にルーカスが叫びます。

 

管理人halu
管理人halu

目の前には赤い目をしたジェニット・・?(spoon先生twitterの2枚目・・

 

『ルーカス!!何が起こっているのよ!!』

アタナシアも叫びます。

『この野郎が…また…身体を入れ替えやがった!!』

管理人halu
管理人halu

!!!!!!

爆発を繰り返しながら黒い霧はジェニットの身体へと向かいます。

管理人halu
管理人halu

ああああああああああぁぁぁああああああ!!!!!!想定してた最悪の・・最悪の事態になってしまったああああ!!!!;;(泣

全ての黒い霧を取り込んだジェニットがドス黒い声を出して話し始めます。

『お前の甘い言葉は実に魅惑的だった!!危うく騙されるところだったぞ!!

だが、もう遅いんだよ!!お前は俺をこんな風にした!!!

その罪は許されるものではないッ!!!』

ジェニットから放出される黒い霧が当時の幼いアエテルニタスを形作り、ルーカスに叫びます。

管理人halu
管理人halu

ジェニットVSアタナシア(含む全員)とかマジで見たくないよ・・(でもここでルーカスが”ガーン”みたいなショック受けてるネタ顔してるのが気になる・・こんな緊迫した場面で・・笑

『待て待て!!そうなることを選んだのはお前自身だろうが!!

俺がこれまでにどれだけの人をいびってきたか知ってるのか?!

それなのに、お前だけがこんな悪霊になってるんだぞ?!』

ルーカスはジェニットに憑依したアエテルニタスに叫び返します。

管理人halu
管理人halu

正論だけど、“俺がこれまでにどれだけの人をいびってきたか知ってるのか”には笑う。笑

『黙れ!!!

これは全てお前のせいなのだ!!!』

管理人halu
管理人halu

なんか・・ちょっと・・笑

『狂った奴には何を言っても無駄だな。』

クロードは冷静にルーカスに諭して、こう伝えます。

管理人halu
管理人halu

笑う。

『・・手を貸そうか?』

『いらん!!』

管理人halu
管理人halu

笑う。
アタナシアだけ“ジェニットが…”  ってジェニットの心配してる。そう、そうなんだよアタナシア・・。

『ごちゃごちゃ話してないで、私と向き合え!!
この娘の魔力の最後の一滴まで合わせて吹き飛ばしてくれる!!!』

管理人halu
管理人halu

なんか・・その・・アエテルニタスのメンヘラかまってちゃん具合が・・笑(いや、こんなこと言ってる場合じゃなくてジェニットが吹っ飛ばされる・・!!

『あの野郎、最初からキメラの身体に乗り換えるつもりだったんだ…!!
最初の爆発も(ジェニットを魔力暴走させたやつ)、俺たちが彼女を守ることを知っていて…!!』

『…でも!!私たちはジェニットの周りに防御用の結界を張ってたじゃない!!』

管理人halu
管理人halu

アナスタシウスが乗っ取らないように対策はしてたってことか・・!でもどうして・・

『コイツはキメラを殺そうとはしていない。
それどころか、キメラの命を少しでも延ばそうとしてやがる。
そして、今ここでヤツを追い出しちまうと、キメラは完全に魔力を使い果たしてしまう。
そうなると、キメラにとっては死ぬより辛いことになる…!!』

管理人halu
管理人halu

なるほど、今現時点でアエテルニタスは悪意なしにしてジェニットをただ乗っ取ったから結界も発動しなかった・・でおK?

『えっ…!!そんなのダメ!!!』

ここで憑依されたジェニットが身体中から赤い魔力をバチバチ飛ばしながらゆらあっと立ち上がります・・。

『あぁ、あのキメラはお前にとって大事な奴だ。だから、彼女は救う、だろ?

で、今この状況での最善策は、“封印すること”だ。』

『・・・!!!』

『(封印してからの)代替案はその後で考えよう。』

なっ…!!
じゃあ…この場では何もできることがないっての…?
なんとかして、あの黒い霧をジェニットから引き剥がすための方法を…

ここでハッとするアタナシア。

管理人halu
管理人halu

頼む・・何か策を・・!!!

あの黒い霧…
伯父さん(アナスタシウス)にもあったっけ…?

考え込むアタナシアにルーカスは伝えます。

『…それじゃ、アイツを封印する…。』

管理人halu
管理人halu

ルーカス、やっぱり封印はすぐにできるんだ。笑
でもちょっと待って・・!アタナシアが何かに気付きそうで・・!!

どうして…どうしてジェニットにだけああやって黒い霧ができるの…?
管理人halu
管理人halu

・・・どうしてだろう・・。これカリオ公子の時にもあったっけ・・・??ってまさか、まだ完全に融合(憑依)できてないってこと・・?!そしたら・・!!!

『ま、待って!!!!』

アタナシアは封印をかけようとするルーカスの腕を止めます__

__

__

『おいおい…姫様は”お前”を殺そうとしてるぞ?

ああやって機会を待っていたんだなぁ?』

一方、アエテルニタスの黒い霧が憑依元のジェニットに話しかけ洗脳しようとします。

管理人halu
管理人halu

ちがう!!!

『ひめ・・姫様は…

ジェニットはアエテルニタスの洗脳を受けながらも、自らの手の甲に爪を食い込ませて必死に抵抗します。

管理人halu
管理人halu

ジェニット・・・!!!!!
手の甲から血が出て…

姫様は…そんなこと言わない…!!』

あぁ?!この惨めなガキが…!!!』

アエテルニタスは洗脳を受けようとしないジェニットに罵声を浴びせます。

その光景を見ていたアナスタシウス(優しいアナスタ兄さん)もアエテルニタスに呟きます。

『あの子はそんなに簡単には動かせないと言っただろう…?』

管理人halu
管理人halu

あああああ泣 悪霊去って、優しいアナスタシウス(アナスタ兄さん)や・・泣!!(でも口から血が・・!!!身体が・・

すると不意にアタナシアもジェニットの方へ駆け出します。

『おい!ちょっと待て!!!』

管理人halu
管理人halu

!!!!

『ジェニット!!!!!』

アタナシアはジェニットに向けて両腕を広げて伸ばします。

『姫様…』

思わず笑顔で涙ぐむジェニット。

管理人halu
管理人halu

ジェニットおおおおおおおおお!!!!(泣
アタナシアあああああああああ!!!!(泣

そのままアタナシアがジェニットを両腕で包み込むと…

 

パアアアアアアア‼︎‼︎

 

今度は眩い光がジェニットとアタナシアの身体から発せられます。

 

管理人halu
管理人halu

へ???????

ほ???????
理解が・・・!!

『ルーカス!!!!!!』

アタナシアは光の中からルーカスに声をあげます。

管理人halu
管理人halu

ルーカスもキョトンとして“お前やるなぁ”って言ってる。え?何が??笑

『クソが!!!!!!』

アエテルニタスの黒い霧は光に包まれながら苦悶の表情で悶絶しています。

管理人halu
管理人halu

アタナシアが纏った光が・・アエテルニタスを苦しめて・・る・・?

こうなったら、選択肢はない…!!!

アエテルニタスの黒い霧はアナスタシウスのところへ戻ろうとします。

管理人halu
管理人halu

!!!!!
これじゃあまたアナスタ兄さんが!!!!

そうだ、戻ってこい。
それを見たアナスタシウスはフッと微笑みます。
管理人halu
管理人halu

へ・・?泣

 

そして…今回は一緒に死のうぜ…。

 

管理人halu
管理人halu

ええええええええなにこれ!!!
ダメだああああ!!!泣泣
そして”今回は”の意味って・・・!!!泣

__

__

すると__

 

コツ…コツ…(足音

 

『…アイツ(アエテルニタス)と一緒に死のうと考えてるんだろ?』

アナスタシウスのもとに

本当に死にたがり、なんだな。』

クロードがアエテルニタスから兄を守るように立ちはだかります。

管理人halu
管理人halu

クロードおおおおおおおおおおおおおおお泣!!!!!うわああああああああああああああああああああああああああああああああ泣!!!!!

ハッとするアナスタシウス。
そしてクロードは決意の表情でルーカスにこう言います。

 

『終わらせよう。魔法使い。』

 

管理人halu
管理人halu

あああああああああクッソカッケエええええええええええええ!!!!!

そしてルーカスは左腕を上げ…

 

管理人halu
管理人halu

(spoon先生Twitterの1枚目です・・!!)
アエテルニタスに向かって封印術を・・!!!

 

ボシュウウウウウウウ‼︎‼︎

 

『ぎゃあああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!

 

↓↓↓

ある日、お姫様になってしまった件について
過去作をU-NEXT無料登録ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介♪

ある日、お姫様になってしまった件について 111話 感想・考察

アエテルニタスついに封印・・!!ですかね・・!!!!

管理人halu
管理人halu

最後の怒涛の展開やばすぎでしょ・・・!!!!!

悪霊の洗脳に負けずアナタシアを最後まで信じたジェニットも、
危険を顧みずアエテルニタスに取り憑かれるジェニットを抱きしめたアタナシアも、
“一緒に死のう”って言って自身の身を捧げた優しいアナスタ兄さんも、
“死にたがりなんだな”って言ってアナスタ兄さんの前に立ちはだかって守ったクロードも、
トドメを刺したルーカスも・・!!!

管理人halu
管理人halu

みんなみんなカッコよすぎんか・・・!!!!!鳥肌がああああああああああ・・・!!!!

最初の展開がなんだか茶番ぽかっただけに、ラストの展開が・・!!

管理人halu
管理人halu

 クロードがアナスタ兄さんの前に立ちはだかって””死にたがりなんだな”って言ったシーンは私はもう大変なことになりましたよ・・・笑 ”死にたがり”の意味はクロードがアナスタ兄さんを殺めた時も、アナスタ兄さんから飛び込んできたんだったよね・・(当時から乗っ取られてた自身と一緒にアエテルニタスを殺すため。だからアナスタ兄さんは今話で”今回は”って言ったんだよね・・前回は失敗したから・・!!(もう鳥肌・・!!)

そして、ルーカスの封印術が効いていればこれにてアエテルニタスは封印され、優しいアナスタ兄さんとジェニットは無事戻り、物語に平和が訪れる、のでしょうか・・

管理人halu
管理人halu

アナスタ兄さんの命、命だけは伸ばしてやってくれ・・頼む・・これ以上ジェニットに辛い思いさせないでやってくれ・・。そして、物語よ、終わらないでくれ・・(お願いばっかだ・・笑

次回も気になりすぎます・・!

↓↓↓

ある日、お姫様になってしまった件について
過去作をU-NEXT無料登録ポイントで読む

管理人halu
管理人halu

 本をお手元に置いておきたい方はこちらをどぞ!

次回第112話ネタバレはこちらから

↓↓↓

【韓国原作】ある日、お姫様になってしまった件について 112話ネタバレと感想。終章に幕。判決宣告へ。親子の最後の会話。
今回はSpoon/Plutus先生の「ある日、お姫様になってしまった件について」112話を読んだのでご紹介したいと思います。 この記事は高確率でネタバレを...

コメント

タイトルとURLをコピーしました