君の全てを奪いたい 43話 ネタバレと感想。互いの体に戻った両者・街で再会か・・?

か行

今回はLINEマンガで連載中のSAM先生の

君の全てを奪いたい43を読んだので紹介したいと思います。

この記事は高確率でネタバレを含みます。先を知りたくない方はブラウザバックしてくださいませ。

管理人お勧めの最新漫画を読めるサービスU-NEXTです。
U-NEXT無料登録でもらえる【600ポイント】であらゆる漫画の最新巻が読めるんです。

無料登録終了後も、最新の漫画2冊も毎月タダ読めるなんて・・!

それだけでもスゴいのに、無料登録後は映画も無料で観れる!

漫画も見放題映画(20万本以上)も観れる!
太っ腹!さすがU-NEXT

周りの漫画好きはみんな登録しているのでお勧めです♪

↓↓↓

31日間無料で最新漫画も読める
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

君の全てを奪いたい 43話 あらすじ

前話のネタバレはこちら!

↓↓↓

君の全てを奪いたい 42話 ネタバレと感想。乳母の真実を知っていたメーデイア・ヘリオとの絆・テシオンとの対面
今回はLINEマンガで連載中のSAM先生の 「君の全てを奪いたい」42話を読んだので紹介したいと思います。 管理人halu こ...

ベリアード公爵はヘーネル王に手紙を送りましたが、返信がありません。
酔い潰れた公爵は、目を瞑って椅子にもたれています。
この椅子にかけるには年を取りすぎましたと、メーデイアは言います。

メーデイアは侍女の手に薬を塗ります。

ヘリオが匿名で支援している人からの手紙には、学校を建ててほしいと書かれています。
支援しろと、ヘリオは使用人に命じます。
ヘーネル側に送った刺客が任務を遂行したことを、使用人は伝えます。
殺せとヘリオは命じます。

プシュケーがイアロスの贈り物を捨てたこと、剣だけ受け取って壁に飾っていることを、部下がイアロスに伝えました。
プシュケーの機嫌を取れと伯爵邸に伝えるよう、イアロスは命じます。

外出してデザートを食べたいと、プシュケーは訴えます。
プシュケーは侍女に一緒に行ってくれるように頼みました。

プシュケーが乗った馬車の御者はほくそ笑んでいます。

プシュケーは前にメーデイアと来た店を訪れます。

メーデイアの侍女が花屋の植木鉢を倒しました。

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

君の全てを奪いたい 43話 ネタバレ

ベリアード公爵邸。
メーデイア・ベリアードは父の居場所を訊きます。
執務室だと、使用人は答えます。

執務室前。
部屋に入ると同時に花瓶が飛んでくるかも、
私たちが先に入ると、唇から血が出ている侍女たちは言います。
使用人が主人の邪魔をすることを、メーデイアは咎めます。

管理人halu
管理人halu

ついに対面か・・ドキドキ

メーデイアは執務室に入りました。
酔い潰れて顔が真っ赤な父が、目を瞑って椅子にもたれています。
酒瓶が何本も床に転がっています。
メーデイアは溜め息をつきます。

メーデイアは父の前に跪き、語ります。

手柄を立てた祖父は皇帝からダイヤを賜り、それを埋め込んでこの椅子を作りました。
最も使うこの執務室へ置き、誰の目にも触れないようにしました。
こんなに大きい赤のダイヤは、今後見ることはできないでしょう。
お父様の手にこれほど皺が多かったとは、
一度も握ってもらえなかったので気づきませんでした。
この椅子にかけるには(あなたは)歳を取りすぎました__
管理人halu
管理人halu

・・・。意味深だけど、父親との対話がメーデイアの中でできたみたいよね。これからこの父親をどうするつもりなんだろう。

メーデイアが執務室を出て、扉を後ろ手に閉めると、侍女たちが無言で自分を見つめていました。

メーデイアは侍女の手の怪我に薬を塗りながら、父はどうしたのか尋ねます。
ヘーネル王に手紙を送りましたが返信がないようですと、男性の使用人が答えます。

メーデイアに薬を塗ってもらった侍女が語ります。
屋敷では公女様が変わったと噂になっていても私は信じませんでした、私は公女様の強さを尊敬していましたからと。
しかし、強いまま優しくなっただけだったと、その侍女は微笑みます。

メーデイアは何も応えず、
変わった私を目にしても信じなかったとは賢いと思いました。

管理人halu
管理人halu

信頼、されてたんだよね。

トロピウム侯爵邸。
ヘリオ・トロピウム侯爵は、椅子に腰かけて、羽ペンを持ち、本を開いています。

机の上にはたくさんの本が乱雑に置いてあります。
今日は調子が良いようだと、男性の使用人が話しかけます。

良いことがあったとヘリオは微笑して答え、調べるよう指示した件について訊きました。

閣下が匿名で支援している方から手紙が届いている
と使用人は言い、手紙を渡しました。
ヘリオは手紙を読みます。

学校を建ててほしい、教師になり親のいない子たちを教えたいという内容です。
支援しろ、設立式には出向くかもと、ヘリオは言います。

使用人は承知し、
ヘーネル側に送った刺客は任務を遂行したようです、どうしましょう?と話しました。
殺せとヘリオは怖い顔で命じた後、澄んでいる空について明るい顔で言及しました。

管理人halu
管理人halu

・・へーネルを殺す・・?

__

プシュケー嬢が殿下の贈り物を捨てたこと
剣だけ受け取って壁に飾っていることを、

部下がイアロス・オルーナ・エファラント皇太子に伝えました。
イアロスは声を上げて笑い、冗談だろう?と訊きます。
プシュケーの機嫌を取れと伯爵邸に伝えるよう、イアロスは命じます。

管理人halu
管理人halu

冗談だと思ってるのか・・!

ポリー伯爵邸。
外出してデザートを食べたいと、プシュケーは訴えます。
乳母は伯爵に許可を得るために、部屋を出て行きました。
プシュケーが公女でいた時は許可はいりませんでした。

そばかすのある侍女がドレスを持ってきました。
もう許可を貰ったのかとプシュケーは驚き、その侍女に一緒に行ってくれるように頼みました。

管理人halu
管理人halu

メーデイアが利用していた侍女だね・・!

プシュケーは馬車で出かけました。
殿下の指示だから仕方ないと公爵はぼやき、馬車を見送ります。
御者はほくそ笑んでいます。

管理人halu
管理人halu

・・・

プシュケーが馬車から下りると、国民が近寄ってきて話しかけました。

プシュケーが飲食店に入ると、店員は微笑んでバルコニーの席へ案内しました。
テーブルにずらりと並んだデザートを見て、侍女は歓声を上げました。
プシュケーは侍女にもデザートを勧めます。
プシュケーは前にメーデイアとこの店に来たことがあります。

公女様がお嬢様の命を狙ったという噂を聞いた
と、女性が憤って自分に言ったことをプシュケーは思い返し、溜め息をつきます。

管理人halu
管理人halu

でもそんなこともあったよね・・花の香りと毒を混ぜたやつだよね・・?

向かいの席でフォークを握っている侍女はビクッとします。
誤解されそうで公女様に会いに行けないと、プシュケーは思います。

プシュケーは羽根ペンを持ち、テーブルには便箋が置いてあります。
プシュケーがガクッとテーブルに突っ伏したので、侍女はまたビクッとしました。
難しいことだらけねと、プシュケーは悲しそうな顔で呟きます。

管理人halu
管理人halu

これからどうするんだろう・・。

花屋の前で、メーデイアの侍女が植木鉢を倒しました。
侍女は店員に謝罪し、弁償を申し出ました。

彼女を見かけたプシュケーは、公女様の使用人だと思い、立ち上がりました。
侍女はお茶をプッと吹き出します。

管理人halu
管理人halu

メーデイアっぽい姿の人が・・!

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

君の全てを奪いたい 43話 感想・考察

管理人halu
管理人halu

今話ではベリアード親子の対話シーンがありました。

ベリアード公爵は寝ていたのでしょうか・・?
メーデイアは父をなんとかして、ベリアード家の当主になるつもりかと思いました。

管理人halu
管理人halu

うむ・・どうだろうね。家を離れるか、自分が家を継ぐか。

ヘリオの机に写真立てがあって、どんな写真が飾ってあるのかとても気になりました。
メーデイアの写真でしょうか。

管理人halu
管理人halu

そしてヘリオ、へーネルを殺すって・・?

プシュケーの馬車の御者がほくそ笑んでいたのが心配です。
プシュケーは帰ってこれるでしょうか。

管理人halu
管理人halu

めっちゃ怪しい笑みだったよね。

プシュケーがガクッとテーブルに突っ伏した時、毒でも盛られたのかとドキッとしました。

今話も、そばかすのある侍女がギャグ要員みたいで面白かったです。

プシュケーがメーデイアと会えるといいです。

↓↓↓

【31日間無料で漫画も読める】
U-NEXT無料登録で
好きな漫画を無料ポイントで読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

 

次回第44話ネタバレはこちらから

↓↓↓

君の全てを奪いたい 44話 ネタバレと感想。プシュケーに新たな神性が・・?メーデイアとの再会
今回はLINEマンガで連載中のSAM先生の 「君の全てを奪いたい」44話を読んだので紹介したいと思います。 管理人halu こ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました