恋に無駄口 2巻ネタバレと感想。仁科は叶の手を取って走る・あとすこしだけ…と叶の願い

は行

今回は福山リョウコ先生の

恋に無駄口2巻を読んだので紹介したいと思います。

管理人halu
管理人halu

この記事は高確率でネタバレを含みます。先を知りたくない方はブラウザバックしてくださいませ。

管理人お勧めの最新漫画を読めるサービスU-NEXTです。
U-NEXT無料登録でもらえる【600ポイント】であらゆる漫画の最新巻が読めるんです。

無料登録終了後も、最新の漫画2冊も毎月タダ読めるなんて・・!

それだけでもスゴいのに、無料登録後は映画も無料で観れる!

管理人halu
管理人halu

漫画も見放題映画(20万本以上)も観れる!
太っ腹!さすがU-NEXT

周りの漫画好きはみんな登録しているのでお勧めです♪

↓↓↓

【恋に無駄口】を
U-NEXT無料会員登録で無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

恋に無駄口 2巻 あらすじ

前巻ネタバレはこちらから

↓↓↓

恋に無駄口 1巻ネタバレと感想。物語の始まり。仁科悠里、志田葵、各務ましろ、真山深の、通称無駄部とは
今回は福山リョウコ先生の 「恋に無駄口」1巻を読んだので紹介したいと思います。 管理人halu この記事は高確率でネタバレを含...

部屋が水浸しになってしまった志田葵は、
真山深の家に検証も兼ねて無駄部全員でお邪魔することになりました。

真山邸へ向かう途中、
湯井芽李が他校の男子と話しているのを目撃した葵は、
なんだかとてもモヤモヤしてしまいます。

その理由がなぜなのかわかりません。
仁科悠里はそんな葵に、モヤモヤしたことをそのまま芽李に伝えればいいとアドバイスします。

芽李に会いに行った葵は、全部をすっ飛ばして、自分とデートしないか?と誘うのでした。初デートにどうしたらいいかわからず狼狽える葵に、
無駄部皆で色々と作戦を立てますが、結局は二人で楽しめばそれが正解なのだということになりました。しかし二人とも、知恵熱を出してデートは中止になりました。

シロにはライバルが現れます。会長と同じ生徒会書記の七三分吉です。
しかし忠告を七三にされて思わず言い返してしまったシロは、
何故か七三にも気に入られてしまいます。彼の心労は続きそうです。

崇拝する姫野るんのサイン会の待機中に出くわした仁科と叶依麻は、
時間も忘れるほどガチヲタトークに花を咲かせていました。

そして、整理券配布時間を過ぎていることに気付き、仁科は叶の手を取って走ります。

手を放すタイミングを失う二人ですが、あとすこしだけ…と叶は思うのです。

結局サイン会は二人の完敗に終わりますが、
お互いの連絡先を交換し、一歩前進したのでした。

↓↓↓

【恋に無駄口】を
U-NEXT無料会員登録で無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

恋に無駄口 2巻 ネタバレ

その日、志田葵は誰かの家に泊めてもらえるよう部室で頼んでいました。

洗濯機がバグって葵の部屋が水浸しになってしまったからです。

兄の部屋に入ればデコピン、
親の部屋に入れば膝カックンを食らわされるから誰かの家に泊まりたいのだそうです。

志田家はとても平和そうです。
そこへ登場する真山深は、自分の家に泊めてやると言います。

ついでに皆も誘います。
最初は行こうとしない残りの二人ですが、検証テーマとして

「真山家は本当に面白いか否か」

にしてもいい程の面白さだと言うマヤに、なら行くと言う二人。

かくして4人は真山家へ向かうことになるのです。

その帰り道、校門で湯井芽李が他校の男子と話しているのを目撃する一同。

幼馴染である葵は最近、
芽李がその男子といる所を見ると理由もわからずモヤモヤしてしまうのです。

芽李は葵を発見して、虎井未希、通称、虎くんだと紹介します。

すると虎くんは葵の目の前で芽李をデートに誘いました。

断ろうとする芽李に、行ってきなよ!と力強く言う葵。
怒って任侠風に舐めてんのかと返してしまった芽李は落ち込んでいました。

その頃葵も、久々に見た芽李の任侠ギレに顔を青くしていました。

好きって言ってくれる子にあんな返しをしたら当然だ
と言う各務ましろに対し、好きというのは芽李の冗談だと返す葵。

しかし、本人が冗談だと言ったのかと聞かれて、言われていないと答える葵。

葵は脳内でパニックです。
そんなことをしているうちに真山邸に着きました。

そこは城のような大きさの豪邸でした。
待ち構えていたのは使用人の寺門。

マヤはなんと深様と呼ばれています。
検証結果は真山家面白すぎでもう決まりです。

自身の親も葵と芽李と一緒で幼馴染なのだとマヤは話します。
葵と芽李は小学生の頃から仲良しです。

風邪を引きそうになったら飴玉をすぐにあげられるように葵が準備しているほどに仲良しです。

葵は小学生の頃、いじめに対して
パンなら自分で買ってきた方が早いよ~
といじめっこに言ったことがありました。

本人は鈍感なのでそれがいじめだとはわかっていませんが、
その後から葵がいじめの標的にされるようになったのです。

勿論鈍感なので理由はわかっていません。
ドッジボール大会でボコボコにされた葵の前に現れたのは芽李でした。

芽李は、葵くんをいじめる奴は許さないと凄い剣幕で一喝したのです。

以降いじめはなくなりました。
葵はこの時気付くのです。

守ってくれた芽李のかっこよさと、
自分がいじめられていたことに対する新鮮な驚きに。

それを聞いて芽李が可哀相になってくる皆。
今日のことを指摘すると、葵は、芽李がデートに誘われて動揺したのだと話します。

それを聞いたマヤとシロは心配して損したと嘆いています。
そして仁科悠里は、動揺してモヤモヤしたことを芽李に言えばいいとアドバイスしました。

そんな時、ちょうど芽李から電話がかかってきました。
部屋のことを聞いて心配になったからです。

友達の所にいると聞いて切る芽李ですが、
その直前にくしゃみの声が聞こえました。

ちょっと出てくる!と真山邸を後にする葵は、
そのまま芽李の家まで向かいました。

くしゃみは芽李の風邪を引く定番の最初です。
だからのど飴を買ってきてマフラーを首に巻き付けます。

言いたいことは色々あったはずなのに、
どれも違う気がして、葵は芽李にこう言いました。

【虎くんじゃなくて俺とデートしない?】

管理人halu
管理人halu

きゃあああああああ///

__

2学期期末考査の結果が張り出されています。

結果はマヤが1位。
勉強ができて運動神経もよくて家金持ちで眼鏡なのに、何故マヤがモテないのか。

それは行動が色々と残念だからです。
一方葵は、フラフラしています。

なんでかわからないけど芽李をデートに誘ってしまい、
初めてのデートにどうしていいかわからず狼狽えているのです。

騒ぎながら部室を掃除していると、
無駄部設立日に身長をメモしたホワイトボードが出てきました。

シロは入学して8か月も経つのかと、過去のことを思い出していました。
中学時代、部活の友達に合わせて精一杯男の子っぽい行動や発言をしていたシロはそれに居心地の悪さを感じていました。

だから高校は、自分の中学の人が誰も受けない所にしたのです。
入学して最初に声をかけてきたのはマヤでした。

マヤは最初から発言が飛んでいてすぐにシロに変な人、いえヤバイ人認定されます。

クラスも一緒だった二人はそのまま一緒にいます。
自己紹介でも自己を貫いているマヤを見て、人の目とか全く気にしない姿勢に凄いなぁとシロは思いました。

部活はどうする?というマヤの問いに、
最初は「僕は」と返すシロでしたが、その後慌てて「俺は」に訂正しました。

それを不思議そうに問うマヤ。
マヤにはなんで「僕」が恥ずかしいのかわからなかったからです。

そんな中でさらに仁科と葵に遭遇します。

自己紹介をして、部活のことを聞くと葵から作りたい部があると提案されました。

駅前に出来たタピオカ屋で作戦会議をしようとしていたそうです。

それを聞いて、男子だけでタピオカ屋なんて恥ずかしくないのかシロは問いますが、全員になんで?と返されました。

自由な3人を見て、恥ずかしがらずに楽しみそうでいいなと思うシロ。

そこでシロは、中学の部活の仲間に遭遇しました。
一気に狼狽えるシロは恥ずかしさで赤面しています。

でも、なんで?と返した3人のことを思い出しました。
それに勇気をもらって、甘いものが好きなことを告白するシロ。

するとその友達は平然と俺も好きと答えるのです。
その答えに嬉しそうにするシロ。

でも迷走していた頃の自分も、きっと僕らしさに必要なものだったのだと、今は考えられます。

設立の日に掃除をしながら、マヤになんでそんなに堂々としていられるのかシロは尋ねました。

マヤは、後悔したくないだけだと答えます。
俺らしくいたいだけだと。

__

いよいよ明日に迫った葵と芽李のデート。

芽李は洋服好きな虎くんにデート服の判定をしてもらっていました。

芽李を狙っている虎くんですが、芽李は虎くんの話はほぼ聞いていません。

一方葵も、無駄部でデートを成功させるため検証を行うことに。
割引券を葵に貰ってやる気満々な仁科はエア遊園地デートを一緒にしようとしますが上手くいきません。

次にマヤが映画館に連れてきて、葵の映画センスを判定します。
サメ映画を選んだ葵に、デートは恋愛映画を選べとアドバイスするマヤ。

結果葵以外は映画中爆睡していました。
ならホラー映画はどうだと提案する仁科ですが、シロ以外は皆げっそりして終わりました。

シロは、映画の好みを合わせるのは大変だから、意識高めに美術館を提案します。

しかし4人にアートのことはよくわかりませんでした。
そして葵は気付きます。唯一のデート経験者がいることに。

その経験者である仁科はカラオケを提案しました。
皆楽しそうにしていますが、葵が入れたのはマンマンパン。

なんとこれしか歌えないそうです。

管理人halu
管理人halu

!!!!!!!!!!笑

アン〇ンマン的なその曲を涙を浮かべながら高得点をたたき出し歌う葵に対し、仁科はカラオケには行くなと忠告するのでした。

 

帰りの電車のホームで、皆がここまでやってくれたから絶対成功させなきゃと漏らす葵に、仁科は今日のことは全部忘れろと言います。

芽李と一緒に楽しむことが正解だろうと背中を押してくれました。

__

翌日朝。
知恵熱を出した葵はせめて今日着ていくはずだった服を着て、隣の芽李の家へ向かいます。

すると同じタイミングで芽李も出てきました。
芽李も知恵熱が出てしまったからです。全く同じ行動をとる二人。

お互いの服装を褒め合いますが、芽李が虎くんにチェックをしてもらったことを言うと、葵は芽李の手を掴んで言います。

芽李が一番かわいいとこを俺以外に見せるのは嫌だと。

それを聞いて、芽李は照れながら、
可愛いとこを見せるのは葵くんだけにすると答えました。

その様子にキュゥゥンと胸を掴まれる葵は、
知恵熱って心臓バクバクするもんなんだなと見当違いなことを考えていました。

管理人halu
管理人halu

おバカ・・笑

本当のデートを葵が知るのは、まだ先の話です。

__

終業式、校長の長い話を聞きながら喋る仁科と葵。

その様子を見て苛立ちを募らせているのは叶依麻です。
もっとうるさい男子はいたのですが、叶にとってうるさく感じるのは仁科だけです。

学祭以来ますます目につくようになっていた叶ですが、スマホに入った通知に衝撃を受けます。

その頃、仁科もまた同じ衝撃を受けていました。
二人が崇拝する姫野るん先生の初サイン会が決まったからです。

仁科は始発で書店近くのファミレス待機をしていました。
無駄部の皆も一緒です。面白がって一緒に来たのです。

ついでに
「整理券待機をいかに楽しく乗り切るか」という無駄部のテーマも一緒に行います。

サイン会まで5時間、何をするか悩んでいると、
さも当然のように、ドリンクバーを頼んだらドリンク当てゲームをするだろと仁科が言い始めました。

やる気満々な仁科とそれに付き合う3人。
楽しそうにゲームをしますが、なんとその席の横に叶が姿を現しました。

こそこそ声が全部筒抜けですが、
その中のサイン会という単語に思わず声をかけてしまう叶。

そこから、仁科と叶の姫野るん愛対決が爆発します。
二人ともかなりヘビー級な姫野るんガチ勢です。

そんな対決をしていく中で、どんどん盛り上がっていく二人。

そんな二人を見て、無駄部の他の面々は静かにファミレスを後にしました。

管理人halu
管理人halu

ふと、他の面子がいないことに気付く二人。
白熱しすぎて時間の経過にも気付いていませんでした。

時間はもう10時半近く。30分も過ぎています。
慌てて本屋へ向かいます。いつもの道と違って本屋の場所がいまいちわからない叶の手を仁科が引いて、二人は本屋まで辿り着きました。

整理券は残り二枚。なんとかギリギリ間に合ったようです。
これで神に会えるとはしゃぐ二人です。

すげーな!と笑顔を向ける仁科に対し、笑った!!と衝撃を叶は受けます。

笑顔可愛いとか聞いてないと悶え、そして完全に手を放すタイミングを逃したことを察しました。

さっきみたいに仁科がうるさくしたら手を放せるのに、
もうすこしだけと考えている自分も一緒にいるのです。

考えをぐるぐるさせている時、子供の声が聞こえました。

整理券に間に合わなかった子供たちです。
しかし二人は、その子供が手に持っている冊子を見て衝撃を受けました。

それは、デビュー前に即完して入手不可能になった姫野るん同人誌でした。

精進が足りなかったと整理券を子供二人に譲ります。
帰りの電車のホームで、完敗だったと話す二人。

仁科は叶に、こうなったら連絡先を交換しないかと提案します。
姫野ヲタとして更なる高みを目指す為に情報交換しようと言うのです。

それに即、名案だと叶は返します。
叶は腑に落ちないことがたくさんありますが、
何より腑に落ちないのは、最近仁科よりも、自分の心臓の方がうるさいことでした。

__

マヤのお土産のチョコを頬張る一行は、廊下で詰出麗華会長に話しかけられました。

チョコ作りの経験があるか問われるシロは、
面倒な予感を感じつつ作ったことがあると答えました。

会長は、今日から3日間チョコ作りを指南してほしいとお願いしますが、面倒だから無理だと速攻で返すシロ。

ショックを受ける会長は、まだ1月なのにバレンタイン用の準備をしたいのだと告白してきます。

嫌がるシロに会長は奥の手を出しました。
協力してくれたら無駄部の予算を増やすと言うのです。

それを聞いて他の部員が勝手に了承をしました。
結果無駄部も含めてチョコ指南することになったシロ。

動物の飼育員ってこんな気持ちなのかな、と思いながら指導していきます。
そこへ生徒会書記の男子、七三分吉が入ってきました。

仲良くしてね~と話す4人に、
キラキラした笑顔と敬語で仲良くしてあげてもいいと答える七三に、一同は、ん?となりました。

もしかして七三にチョコをあげるつもりなのか?とシロは動揺します。

会長といると、僕のペースが狂うと思うシロ。
3日目、マヤが気を利かせてシロと会長の二人きりにしてくれます。

無事チョコ作りが上手くいった会長は、これで生徒会の皆も喜んでくれると嬉しそうです。

友チョコだったことに安心するシロ。
会長の笑顔を見て、自分が自分じゃなくなるみたいだと感じながら、シロは会長の頬に着いたチョコを指で取って口に運びました。

そこへ七三が会長を呼びにやってきます。
慌てて戻る会長に、嵐が去ったとどっと疲れるシロ。

そんなシロを見て、七三は先に目をつけたのは俺が先だから手を出さないよう忠告してきました。

その言葉にイラっとするシロは、後も先もなくない?と反論しました。

その反論に感激する七三。自分に歯向かってくる人がいることに感動したのです。

きっと恋敵のはずなのに、何故か七三にも気に入られてしまったシロ。

彼の穏やかな放課後は富士山よりも遥か高みへ行ってしまったのでした。

↓↓↓

【恋に無駄口】を
U-NEXT無料会員登録で無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

恋に無駄口 2巻 感想・考察

マヤの豪邸凄いです。お風呂も広いです。使用人もいるガチの金持ちです。

スペック高いのに何故こんなにも残念なのか不思議でなりません。

管理人halu
管理人halu

でもいい奴だから嫌いになれないのです。俺らしくいたいだけだと言うマヤはとてもかっこいいですし、シロも口には出さないけどそんなマヤに救われたのです。

さて、今回も少しずつ進展があります。
芽李が他の男子といればちゃんと嫉妬する葵。

本人は無自覚な所がやはり究極に鈍感だなと思います。
ここまでくると逆に凄いです。

でも、いざという時にちゃんと芽李の所に駆けつけて、思わずデートに誘ってしまう姿はかっこいいなと思いました。

自分以外に可愛い姿を見せてほしくないというのは告白に近いものの気がしますが、勿論本人は無自覚です。

管理人halu
管理人halu

それに対する芽李がとても可愛いですし、それを見てキュンとなってるのにその理由がわかっていない葵はやっぱり鈍感だなぁと思います。

徐々に会長に絆されていっているシロも可愛いです。

今回ライバルの七三が登場しましたが、そのライバルにも気に入られるというなんとも不思議な展開に。シロはこれからとても苦労しそうです。

管理人halu
管理人halu

そして仁科と叶は、これはかなり仲良くなったんじゃないでしょうか。

元々考え方が似ている二人です。そして一番好きなものまで被っているとなれば、時間を忘れて話し込んでしまうのも無理はありません。

手を引いて走る仁科はかっこいいですし、その後放すタイミングを失って赤面する二人も最高に可愛いです。

連絡先を交換して、うるさいと言いながら返信を心待ちにしている叶も可愛いです。

もうすこしだけと思っている時点で仁科が好きだと気付きそうなものですが、そこは素直じゃない叶にはまだ難しそうです。

またもニヤニヤが止まらないエピソードをたくさん見ることが出来ます。

↓↓↓

【恋に無駄口】を
U-NEXT無料会員登録で無料で読む

記事下に無料で漫画を読む方法を紹介中♪

 

次回第3巻ネタバレはこちらから

↓↓↓

301 Moved Permanently

コメント

タイトルとURLをコピーしました